概要

TCFDサミットとは

2019年6月のG20大阪サミットで合意した「環境と成長の好循環」を実現するため、ファイナンスの流れをイノベーションに向けるグリーン・ファイナンスの推進が重要です。世界でTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の賛同数が増加している今、環境と成長の好循環の加速に向けて、TCFD提言を実務に定着させるための国際的な議論を日本がリードしていくことが求められています。

こうした考えから、2019年10月、世界の先進的な取組を行っている産業界・金融界のリーダーが集結し、TCFDの課題や今後の方向性を議論することを目的として、経済産業省は世界初となる「TCFDサミット」を東京で開催しました。

第1回TCFDサミットでは、TCFDコンソーシアムが、投資家が企業の開示情報を評価する際の指針となる「グリーン投資ガイダンス」を公表するなど、様々なイニシアティブが共有されました。さらに、TCFDが低炭素経済への移行に向けた民間投資を促進する上で重要な役割を果たしており、TCFD提言の履行に向けた取組に集中するためにも、世界の産業界、金融界、政府、規制当局、国際機関等を含む幅広い利害関係者をまとめるための継続的な努力が必要である、という認識を共有しました。

この認識に賛同し、更なる前進に向けて行動するTCFDコミュニティが世界に広がり、TCFDが継続的に重要なプラットフォームと推進力を提供するよう、本サミットはベストプラクティスの共有や幅広い関係者が議論し、更なる努力をコミットメントする場となっています。

ご挨拶

内閣総理大臣 安倍晋三

この6年間で世界のESG投資が約2,000兆円増加するなど、環境をとりまく民間投資の流れは大きく変わりつつあります。企業にとって温暖化対策は、もはやコストではなく、競争力の源泉です。

環境問題への対応に積極的な企業に、世界中から資金が集まり、次なる成長と更なる対策が可能となる。「環境と成長の好循環」をさらに推し進めていくことを、今年6月に我が国で開催したG20サミットにおいて、私は議長として提案し、参加国から大きな賛同を得ました。この流れに一層の弾みをつけていくため、今年10月、東京で、世界中の先進的な事業会社・金融機関が一堂に会するTCFDサミットを開催します。

本サミットを契機に、環境分野における企業の取組の情報開示を充実させ、環境と成長の好循環を一層加速させ、世界的な気候変動への対応がさらに進むことを期待しています。

内閣総理大臣 安倍晋三
安倍晋三

ピーター・バッカー

「世界初となるTCFDサミットの開催に向け、リーダーシップを発揮して下さった日本政府に称賛を送ります。持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)は、本イベント開催に向け、経済産業省およびTCFDコンソーシアムと協力できますことを光栄に思います。

TCFDサミットは、気候関連情報開示にかかわる現在までの活動を集約し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言への幅広い理解を促す重要な機会です。企業が開発する製品、サービス、ソリューションへの資金提供を通じて低炭素経済への移行を支援し、最も持続可能性が高い企業が恩恵を得られるようにするうえで、TCFDの活動は、極めて重要な貢献をしています。

TCFDサミットは、気候、人間、地球のため真に影響力ある変化を生み出す重要な手段のひとつです。このサミットで力を合わせることにより、リーダーは、TCFDの提言を推進し、ビジネスソリュ-ション、政策、気候安定性、経済成長の間の好循環を促す大きな機会を手にします。WBCSDは、経済産業省およびTCFDコンソーシアムと協力して、この課題への取り組みを進められるよう期待しています。」

WBCSD プレジデント兼CEO ピーター・バッカー
ピーター・バッカー